健康用語WEB事典

αケラチン(α keratin)

ケラチンのひとつ。の主要なタンパク質であり、ほぼ全てが螺旋状のαヘリックス構造から構成される。*1

細長い繊維が縦方向に弾力を持ち、伸び縮みできる。

哺乳類にはαケラチンが多く含まれる。二次構造ポリペプチド鎖が螺旋を巻いたαヘリックス構造に類似するが、ピッチはαケラチンの方が短い(5.1Å)。2〜4本程度が集まり多重コイルを形成する。*2

*1鳥取大学工学部生物応用工学科 生化学 I 講義補助資料「タンパク質の三次元構造」: http://www.bio.tottori-u.ac.jp/~mizobata/14-Seika1-protein_structure.htm
*2宇都宮大学大学院工学研究科 博士後期課程 システム創成工学専攻 景山元裕 超薄分子膜の自己組織化構造を利用した毛髪表面モデルの構築とヘアコンディショニング剤の吸着特性に関する研究: https://uuair.lib.utsunomiya-u.ac.jp/dspace/bitstream/10241/9195/2/DT_000395_1_Full.pdf

ご意見・ご要望をお聞かせください。


αケラチンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2020-07-31 (金) 08:22:56