健康用語WEB事典

αデフェンシン(α defensin)

デフェンシンのひとつ。αディフェンシンとも。

細菌感染刺激に反応したNK細胞T細胞好中球などの免疫細胞小腸パネート細胞から分泌される自然免疫の作用因子。自然免疫に重要。*1*2

心理的ストレスによって減少することが知られており、うつ状態を起こすようなストレス下ではαデフェンシンの減少によって腸内細菌叢代謝物が異常になり腸内環境バランスが乱れることが報告されている。*3

タグ: 免疫 ストレス

*1◆αディフェンシン分泌誘導を介した腸内環境評価に基づく機能性食品の探索 :: 北海道大学 産学・地域協働推進機構: http://www.mcip.hokudai.ac.jp/cms/cgi-bin/index.pl?page=contents&view_category_lang=1&view_category=1195
*2名古屋大学 過敏性腸症候群の治療標的を解明! ~ストレスによる新しい発症メカニズム~: https://www.med.nagoya-u.ac.jp/medical_J/research/pdf/Brain_B_20171212.pdf
*3新着情報: 心理的ストレスが腸内細菌を攪乱する機序をはじめて解明~うつ病の脳腸相関を介した予防・治療法開発に期待~(先端生命科学研究院 准教授 中村公則,教授 綾部時芳): https://www.hokudai.ac.jp/news/2021/05/post-837.html

ご意見・ご要望をお聞かせください。


αデフェンシンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]




このページの最終更新日時: 2021-05-12 (水) 06:11:49