健康用語WEB事典

α-ケトグルタル酸依存性ジオキシゲナーゼ(α-ketoglutarate-dependent dioxygenases)

糸状菌におけるメロテルペノイド生合成において重要なオキシゲナーゼ。ヒトの細胞でも60種類以上の存在が確認されている。*1

α-ケトグルタル酸依存性ジオキシゲナーゼ酵素ファミリーは、糸状菌メロテルペノイドの複雑骨格の形成に関わる鍵酵素です。その中には、多段階の酸化ステップを触媒するものがいくつも存在し、その反応メカニズムに興味が持たれていました。*2

*1生物由来生合成酵素の分子構造情報に基づく新規生体触媒の開発 創薬に向けた合理的な生合成リデザインの一歩: https://www.kek.jp/ja/NewsRoom/Release/pressrelease20180109.pdf
*2新規多段階反応型酸化触媒の開発 | 東京大学: https://www.u-tokyo.ac.jp/focus/ja/articles/z0508_00020.html

ご意見・ご要望をお聞かせください。


α-ケトグルタル酸依存性ジオキシゲナーゼに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2020-05-12 (火) 14:48:33