健康用語WEB事典

α-シヌクレイン(α-synuclein)

140個のアミノ酸残基からなるタンパク質神経細胞に局在し、シナプス可塑性神経伝達物質の調整などを行う。

ユビキチンとともにパーキンソン病で見られる細胞内封入体のレビー小体を構成する。*1

α-シヌクレインのへの異常な蓄積によってシヌクレイノパチーパーキンソン病多系統萎縮症レビー小体型認知症など)の原因となる。異常な集積は神経伝達物質の放出に必要とされるSNARE複合体の機能異常によって引き起こされることが報告されている。*2*3

*1天然アミン神経毒とパーキンソン病 永津俊治 藤田保健衛生大学総合医科学研究所: https://www.jstage.jst.go.jp/article/kagakutoseibutsu1962/40/2/40_2_123/_pdf
*2パーキンソン病発症の鍵を握る「αシヌクレイン」の 生体内により近い状態での構造解析に成功 ~ パーキンソン病の根本治療の手がかりに ~(プレスリリース) — SPring-8 Web Site: http://www.spring8.or.jp/ja/news_publications/press_release/2016/160808/
*3α-シヌクレインの集積はSNARE複合体の機能異常が関係―パーキンソン病など神経変性疾患の病因解明に新たな一歩― — 大阪大学: http://www.osaka-u.ac.jp/ja/news/ResearchRelease/2012/11/20121129_1

ご意見・ご要望をお聞かせください。


α-シヌクレインに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2019-04-14 (日) 08:15:32