α-テルピネオール(α-terpineol)

主なテルピネオール月桂樹?ブドウ?カルダモンローズマリーアニスマジョラム?などに含まれる。ワインの香りに関わる成分のひとつ。抗活性や抗カビ活性、蟻に対する殺虫作用などを持つ。*1*2*3*4*5

α-テルピネオールの化学構造

松においてα-ピネン前駆体としてα-テルピネオールが生成されていることが知られている。

α-テルピネオールはイヨウミツバチやショウジョウバエのTRPA1を活性化しないが、セイヨウミツバチに寄生するミツバチヘギイタダニのTRPA1は活性化することが報告されている。

*1東邦大学薬学部 薬用植物園 ハーブ園 カルダモン: https://www.lab2.toho-u.ac.jp/phar/yakusou/herb/karudamonn.html
*2KAKEN — 研究課題をさがす | テルペンの特異な反応を利用してマツおよびスギ精油の生物活性を高める研究 (KAKENHI-PROJECT-09660187): https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-09660187/
*3天然の精油に含まれる揮発油が、セイヨウミツバチに寄生するVarroaダニのTRPA1チャネルを特異的に活性化することを発見 〜蜂群崩壊症候群解明への一助となるか〜 - 生理学研究所: https://www.nips.ac.jp/release/2015/07/varroatrpa1.html
*4ブドウ‘ミュラー・トゥルガウ’の成熟経過におけるモノテルペン類の変化とワイン中のモノテルペン濃度に及ぼす醸造条件の影響 北海道ワイン株式会社製造部 相馬紀子 古川準三 独立行政法人酒類総合研究所 後藤(山本)奈美 磯谷敦子: http://www.asevjpn.wine.yamanashi.ac.jp/JAJ/Vol/Vol-18-2007/2/85.pdf
*5KAKEN — 研究課題をさがす | 亜熱帯植物資源を活用した精油の抗菌・抗カビ作用の簡易評価法の開発 (KAKENHI-PROJECT-20915016): https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-20915016/

コメントはありません。


α-テルピネオールに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



添付ファイル: filealpha-terpineol.png 閲覧数 19回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2019-12-03 (火) 18:23:17