α-TTP(α-tocopherol transfer protein)

α-トコフェロールビタミンE)と特異的に結合し、それを輸送する可溶性タンパク質。278個のアミノ酸からなる。脂質結合ドメインとしてSec14を持つ。この異常が先天性ビタミンE欠乏症の原因となる。*1

肝臓肝細胞)に主に発現し、肝細胞内の細胞小器官間での輸送を行う。マウスの妊娠期において子宮にも一過的に発現する。

α-TTPと結合したα-トコフェロールは最終的に超低比重リポタンパク質VLDL)に取り込まれ、全身に運ばれる。*2

具体的には、肝細胞によりエンドサイトーシスされたビタミンEを含むリポタンパク質後期エンドソームで分解され、そこで遊離したビタミンEα-TTPによって形質膜へと輸送される。形質膜ビタミンEABCA1により細胞外へ放出され,肝臓から分泌されたVLDLに取り込まれる。

*1ビタミンE特異的輸送タンパク質α-TTPによる 体内ビタミンEレベルの制御 河野望 新井洋由: http://www.jbsoc.or.jp/seika/wp-content/uploads/2014/11/86-02-14.pdf
*2西東社 カラー図解 栄養学の基本がわかる事典 川島由起子(2013/4/4): https://amzn.to/2tzGwYt

α-TTPに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2019-02-28 (木) 15:52:09