α1受容体(α1 adrenergic receptor)

興奮性のアドレナリン受容体α受容体)のひとつ。中枢神経系心筋腎臓肝臓血管平滑筋尿路平滑筋などに発現し、血管収縮作用を介して、血圧臓器血流を調節する。*1

ではストレスに関連する部位(視床下部室傍核扁桃体中心核分界条床核)に多く存在する。*2

カテコールアミンのα1受容体への作用は、ノルアドレナリンアドレナリンドーパミンドブタミンの順に強い。*3

心筋収縮力増加作用の最大効果はβ受容体に比べて弱い。腎臓レニン分泌を抑制する。

平滑筋シナプス後膜に存在するセカンドメッセンジャーとしてIP3ジアシルグリセロールDAG)を用いてカルシウムイオンを増加させる。*4

*1東北大学機関リポジトリTOUR カテコールアミン受容体: https://tohoku.repo.nii.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=21213&item_no=1&page_id=33&block_id=38
*2抗うつ薬はどの様にうつ病に効果をもたらすか? SSRIとNaSSaの比較: http://www.showa-u.ac.jp/sch/pharm/showa_jour_pharm/back_number/frdi8b000000i611-att/2-1_Mitsugu_Hachisu.pdf
*3日本大学医学部 救急医学系 救急集中治療医学分野: http://www.med.nihon-u.ac.jp/department/eccm/icu_round/icu_round_039_040_041_042.html
*4長崎大学原爆後障害医療研究所 細胞機能解析部門 分子医学研究分野 各論 心血管内分泌: http://www-sdc.med.nagasaki-u.ac.jp/genetech/genkenbunshi/pdf/H24.1.4.pdf

α1受容体に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]


コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2019-10-02 (水) 16:20:06