健康用語WEB事典

α1-酸性糖タンパク質(alpha-1-acid glycoprotein : AGP)

血清に含まれる糖タンパク質オロソムコイドとも。

183個のアミノ酸残基と5本の糖鎖からなる。分子量約40kDa糖鎖含量は約45%と他の糖タンパク質に比べて高い。*1

TLR4を介してCD163を誘導し、溶血性の酸化ストレスに対して保護効果を示すことが報告されている。*2*3

*1Kumamoto University Repository System: 膜-水相界面におけるα_1-酸性糖タンパク質の構造および機能特性の評価: http://reposit.lib.kumamoto-u.ac.jp/handle/2298/460
*2KAKEN — 研究課題をさがす | α1-酸性糖タンパク質分子上における薬物結合部位のマッピング (KAKENHI-PROJECT-18590035): https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-18590035/
*3J Biol Chem.に論文がアクセプトされました。(α1-酸性糖タンパク質関連) - 新着情報 | 熊本大学薬学部 薬剤学分野: http://www.pharm.kumamoto-u.ac.jp/Labs/Yakuzai/news/2012/07/j-biol-chem1-.html

ご意見・ご要望をお聞かせください。


α1-酸性糖タンパク質に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]




このページの最終更新日時: 2019-10-02 (水) 20:50:42