α2受容体(α2 adrenergic receptor)

アドレナリン受容体のひとつ。アドレナリンα2受容体とも。

神経細胞においてシナプス前終末およびシナプス後膜発現する。末梢組織においては血管平滑筋細胞(収縮)、脂肪細胞腎臓内分泌細胞などに発現する。*1

この受容体への刺激は下行性抑制系が作動し、強力な鎮痛が起こる。*2

アドレナリンα2受容体は主に中枢神経系アドレナリン作動性神経発現し、興奮・覚醒レベルの上昇を抑制することで、鎮痛鎮静弛緩などに関与している。また、脊髄ではα2受容体は後角表層?侵害受容?経路に発現し、痛覚抑制に働く下行性抑制経路の作用点となっている。そのため、デクスメデトミジンキシラジンなどのα2作動薬は、ヒトや動物の鎮痛鎮静薬として使用されている。*3

アデニル酸シクラーゼの活性を抑制し、細胞cAMP濃度を低下させ、カルシウムチャネルを閉じてカリウムチャネルを開く。*4

3つのサブタイプが存在する。

*1東北大学機関リポジトリTOUR カテコールアミン受容体: https://tohoku.repo.nii.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=21213&item_no=1&page_id=33&block_id=38
*2KAKEN — 研究課題をさがす | 下行性疼痛抑制系のイノシトールリン脂質代謝に対する麻酔薬の影響 (KAKENHI-PROJECT-10671421): https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-10671421/
*3北海道大学 アドレナリンα2A受容体サブタイプに対するα2作動薬の作用に関する研究 小林武志: https://eprints.lib.hokudai.ac.jp/dspace/bitstream/2115/65650/2/Takeshi_Kobayashi_review.pdf
*4長崎大学原爆後障害医療研究所 細胞機能解析部門 分子医学研究分野 各論 心血管内分泌: http://www-sdc.med.nagasaki-u.ac.jp/genetech/genkenbunshi/pdf/H24.1.4.pdf

α2受容体に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2018-10-01 (月) 15:26:57