健康用語WEB事典

β-シトステロール(β-sitosterol)

植物ステロールのひとつ。食品には植物性油脂やナッツ類、野菜類に含まれる。食物からは吸収されにくい。

がん作用やアテローム抑制作用を持つとされる。また、コレステロールの吸収を抑制効果が確認されている。*1

近年、β-シトステロールなどの植物ステロールコレステロールの吸収を抑制する働きがあるとして、それらのエステル体を関与成分とした特定保健用食品が認可されている。*2

カンペステロールシトステロール植物ステロールと言われ,体内で合成は出来ず,腸管からの吸収率は5%以下である.しかしコレステロールの吸収とよい相関が見られ,コレステロール吸収のコレステロール合成・吸収と生活習慣マーカーと考えられている*3

シトステロールの排泄に関わる遺伝子変異によって体内にシトステロールが蓄積するとシトステロール血症となる。*4

*1BETA-SITOSTEROL | C29H50O - PubChem: https://pubchem.ncbi.nlm.nih.gov/compound/beta-sitosterol#section=Top
*2食品中の健康機能性成分の分析法マニュアル: https://unit.aist.go.jp/shikoku/food_forum/manual/24T.pdf
*3コレステロール合成・吸収と生活習慣との関連について: http://www.nankyudai.ac.jp/library/pdf/42a_7.pdf
*4シトステロール血症 研究代表者 自治医科大学医学部内科学講座内分泌代謝学部門 教授 石橋俊: http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-10900000-Kenkoukyoku/0000101127.pdf

ご意見・ご要望をお聞かせください。


β-シトステロールに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2020-08-19 (水) 07:16:09