健康用語WEB事典

β-ラクトグロブリン(β-lactoglobulin : BLG)

牛乳ホエイに含まれる主なタンパク質カゼインに次いで多く、牛乳アレルギーの原因となるアレルゲン

今回の小児期発症牛乳アレルギー患者を対象とした我々の解析ではカゼイン特異 IgE 陽性者は全体の97.3%,BLG 特異 IgE 陽性者は全体の46.4%であり,また特異 IgE 値も BLG よりもカゼインの方が高値だった.これは従来の欧米での報告と一致している.*1

βラクトグロブリンβシートを多く含む構造を持ちながら、折り畳みの途中でαヘリックスを一時的に作る特殊な構造を持つ。*2

85℃以上で変性する。*3

*1千葉大学大学院医学研究院小児病態学 牛乳アレルギー患者におけるカゼイン,βラクトグロブリン感作に関する研究 2017/2/10: https://www.jstage.jst.go.jp/article/arerugi/59/2/59_KJ00006159570/_article/-char/ja/
*2大阪大学大学院:理学研究科生物科学専攻:研究室紹介:詳細: https://www.bio.sci.osaka-u.ac.jp/dbs01/re-paper-temp.php?id=25
*3β-ラクトグロブリンとκ-カゼインの加熱による複合体の形成-香川大学学術情報リポジトリ: http://shark.lib.kagawa-u.ac.jp/kuir/detail/261920120327035236

ご意見・ご要望をお聞かせください。


β-ラクトグロブリンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2017-12-04 (月) 18:04:59