β2-マイクログロブリン(β2-microglobulin)

99個のアミノ酸からなるポリペプチドHLAクラスⅠ分子L鎖としてH鎖共有結合する。

赤血球を除く全身の有細胞表面に広く分布し、これらの細胞表面から分泌されると腎糸球体基底膜を通過し、約95%以上が近位尿細管から再吸収・異化を受ける。尿中にはごくわずかの量しか排泄されない。*1

*1尿中β2マイクログロブリン: https://www.okayama-u.ac.jp/user/hos/kensa/ippan/u-b2m.htm

β2-マイクログロブリンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]


コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2018-08-08 (水) 15:23:33