健康用語WEB事典

β3受容体(β3-adrenergic receptor)

アドレナリン受容体のひとつ。アドレナリンβ3受容体とも。

脂肪組織発現し、脂肪の分解に関わる。

β3受容体がアドレナリンによって刺激されると、GTP結合タンパク質を介してアデニル酸シクラーゼが活性化され、ATPcAMPへ変換される。このcAMPプロテインキナーゼAPKA)のサブユニットに結合して、PKAの触媒部位がホルモン感受性リパーゼリン酸化して活性すると脂肪の分解が起こる。*1*2*3

遺伝子多型によってこの受容体発現が少なくなると肥満になりやすい。*4

膀胱平滑筋にも分布する。β3受容体の作動薬過活動膀胱の治療に用いられる。また、β3受容体刺激によって心拍数が上がる。*5

*1β-3アドレナリン受容体遺伝子変異はダイエットによる減量効果に影響しない | 社会医学講座公衆衛生学分野: http://www.pbhealth.med.tohoku.ac.jp/node/318
*2脂肪細胞とインスリン抵抗性(星薬科大学オープン・リサーチより): http://polaris.hoshi.ac.jp/openresearch/kamata%20(adipocyte)--2.html
*3脂肪組織由来ホルモンによるエネルギー代謝調節 岸田堅 船橋徹: https://www.jstage.jst.go.jp/article/tonyobyo/51/5/51_5_373/_pdf/-char/ja
*4西東社 カラー図解 栄養学の基本がわかる事典 川島由起子(2013/4/4): https://amzn.to/2tzGwYt
*5β3アドレナリン受容体刺激薬 日本大学泌尿器科学系主任教授 高橋悟(聞き手 池脇克則): http://www.kyorin-pharm.co.jp/prodinfo/useful/doctorsalon/upload_docs/150759-1-34.pdf

ご意見・ご要望をお聞かせください。


β3受容体に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2018-09-05 (水) 15:18:18