健康用語WEB事典

γ-セクレターゼ(γ-secretase)

プレセニリンを中心とする、非特異性の酵素複合体。ニカストリンを含み、プレセニリンと互いに活性を調節する。アミロイド前駆体タンパク質を切断してアミロイドβの産生に関わる。*1

当初はγ-セクレターゼを阻害することでアミロイドβの量を減らすことができ、アルツハイマー病の治療薬となり得ると考えられていたが、分解によって生成された物質を細胞膜の外側に放り出す働きも持っているため、阻害によって逆に細胞内にアミロイドβが集積することが報告されている。*2

*1大阪市立大学大学院医学研究科 認知症病態学 プレセニリン(Presenilin): http://www.med.osaka-cu.ac.jp/Neurosci/Presenilim.html
*2アミロイドβ産生酵素γセクレターゼの新たな働きを解明 — リソウ: https://resou.osaka-u.ac.jp/ja/research/2017/20171004_1

ご意見・ご要望をお聞かせください。


γ-セクレターゼに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2019-05-17 (金) 10:59:17