γ-ヒドロキシ酪酸(gamma-hydroxybutyric acid : GHB)

ヒドロキシ酪酸のひとつ。γ位(4位)がヒドロキシ化した酪酸4-ヒドロキシ酪酸γ-ヒドロキシブチレートとも。

γ-ヒドロキシ酪酸の化学構造

睡眠作用や筋肉増強作用を持つが、副作用も複数知られている。

GHBを摂取すると,用量にもよるが10ないし20分ほどで作用が発現し,この状態は4時間ほど続く。GHBは低用量で抗不安鎮静,高用量で陶酔?呼吸抑制,昏睡記憶喪失などを起こす作用がある。また,向精神薬としては極めて異色の筋肉増強作用がある。これは脳下垂体からの成長ホルモン分泌を促進することによる。GHBには耐性がみられ,反復使用により用量は増大する。また,反復使用者では,不眠不安振戦発汗などの禁断症状がみられる。*1

*1クラブドラッグとマジックキノコ 長崎大学大学教育機能開発センター 高橋正克: http://www.ph.nagasaki-u.ac.jp/openseminar/data/pharma/020822_2.pdf

コメントはありません。


γ-ヒドロキシ酪酸に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



添付ファイル: filegamma-hydroxybutyric_acid.png 閲覧数 106回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2019-08-16 (金) 07:51:59