γ-GTP(γ‐glutamyl transpeptidase)

血液検査の項目のひとつ。ガンマグルタミルトランスペプチダーゼγ-GTGGTとも表記される。

ALTASTと同様に、タンパク質を分解する反応を触媒する酵素L-γ-グルタミル-3-カルボキシ-4-ニトロアニリド?グリシルグリシンからL-γ-グルタミルグリシルグリシン?5-アミノ-2-ニトロ安息香酸を生成する。*1

胆管の閉塞や肝細胞の障害などによって血液中に増える。*2

継続的なアルコールの摂取によっても増加する。

血液機能検査では飲酒を続けると数値が上昇するγ-GTPが代表的です。γ-GTPは一定期間飲酒をやめれば数値が低下するためアルコール性肝障害の診断の際にも指標のひとつとして用いられています。*3

*1岡山大学病院 検査部/輸血部 GGT: https://www.okayama-u.ac.jp/user/hos/kensa/kouso/ggt.htm
*2γ-GT - 山口大学: http://ds.cc.yamaguchi-u.ac.jp/~hoken/03healthmente/kensati/ggt.html
*3アルコール性肝障害について 上竹慎一郎: http://www.jikeisyounai.ac.jp/sub26.html

γ-GTPに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2018-09-16 (日) 09:11:52