Ⅰ型アレルギー(type I allergy)

アレルギーのひとつ。即時型アレルギーアナフィラキシー型アレルギーとも呼ばれる。

アトピー性疾患もこれに分類される。アトピーの場合、Th2細胞が主に活性化されてIgEが生成される。*1

外部から侵入してきた異物(抗原)によって引き起こされ(外因性抗原依存性)、速やかに発症する(即時性)。免疫グロブリンIg?)が必須であること(抗体依存性)などの特徴を持つ。

記憶細胞が記憶した抗原アレルゲン)が再度体に侵入し、マスト細胞上の2個のIgEに結合し架橋すると、マスト細胞脱顆粒してヒスタミンロイコトリエンなどの化学伝達物質を放出、平滑筋収縮、血管拡張、血管透過性亢進、分泌亢進などを生じて特徴的な種々の症状を示す。*2

Ⅰ型アレルギーによる疾患*3

*1ナツメ社 埼玉医科大学リウマチ膠原病院 教授 三村俊英 基礎からわかる免疫学
*2http://www.akita-u.ac.jp/hkc/healthinfo/pdf/allergy/i_allergy.pdf
*3北海道医療大学 看護病理学講義ノート 病理学1 免疫その2: http://www.hoku-iryo-u.ac.jp/~mkobaya/kobayashi/Pathology_I_files/%E7%9C%8B%E8%AD%B7%E7%97%85%E7%90%86%E5%AD%A6%E8%AC%9B%E7%BE%A9%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%88%EF%BC%97.doc

Ⅰ型アレルギーに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2018-01-18 (木) 20:37:23