健康用語WEB事典

Ⅰ型RNR(class I RNR)

リボヌクレオチドレダクターゼのひとつ。全ての真核生物および大腸菌などの一部の原核生物が持つ。*1

2種類のサブユニット(α、β)から構成され、大腸菌のⅠ型RNRはそれぞれが二量体(α2、β2)として存在する。

チイルラジカル触媒的に用いてリボヌクレオチド還元触媒する。

*13-ニトロチロシンをプローブとしたリボヌクレオチド還元 酵素内電子伝達反応制御機構の解析 横山健一 JoAnne Stubbe: http://web.cc.yamaguchi-u.ac.jp/~biomol37/14.pdf

ご意見・ご要望をお聞かせください。


Ⅰ型RNRに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]




このページの最終更新日時: 2018-09-14 (金) 08:08:26