健康用語WEB事典

Ⅱ型クリオグロブリン(type II cryoglobulin)

クリオグロブリンの一種。モノクローナルIgM(通常はリウマトイド因子活性を有する)とポリクローナルIgGの混合型で、C型肝炎全身性エリテマトーデスシェーグレン症候群などの膠原病に多い。*1

*1クリオグロプリン血管炎|医療従事者向け 血管炎各疾患の解説|厚生労働省難治性血管炎に関する調査研究班: https://www.vas-mhlw.org/html/kaisetsu-iryo/3-2-1.html

ご意見・ご要望をお聞かせください。


Ⅱ型クリオグロブリンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2020-04-29 (水) 09:41:31