健康用語WEB事典

Ⅱ型トポイソメラーゼ(topoisomerases II, Top II)

トポイソメラーゼのひとつ。トポイソメラーゼⅡとも呼ばれる。絡まった2本の二重鎖DNAの一方を一旦切断し、絡まりが解消された後に再度切断部分を結合することで、DNAの絡まりを解く役割を持つ。*1

二量体で働き、一時的にDNA二本鎖切断を作る。このときにトポイソメラーゼⅡが1つのDNA二本鎖切断の2つの切断端に共有結合する。この状態をTop2ccと呼ぶ。*2

Ⅱ型トポイソメラーゼによるDNA切断後に再結合が起こらない突然変異DNA二本鎖切断)がしばしば自然発生することが確認されており、これを修復する酵素Mre11であるとされる。*3

*1染色体 DNA の断裂が自然発生する分子機構と断裂を修復する分子機構の解明 細胞で染色体 DNA の断裂は大量に自然発生する: http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/research/research_results/2016/documents/161104_1/01.pdf
*2放生研ニュース ヒトの染色体DNAは、放射線被曝しなくてもふだんから頻回に2重鎖切断される: http://www.rbc.kyoto-u.ac.jp/wp-content/uploads/2017/09/RBC158-2.pdf
*3Mre11 Is Essential for the Removal of Lethal Topoisomerase 2 Covalent Cleavage Complexes: Molecular Cell: http://www.cell.com/molecular-cell/abstract/S1097-2765(16)30634-7

ご意見・ご要望をお聞かせください。


Ⅱ型トポイソメラーゼに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2018-06-04 (月) 08:47:49