Ⅲ型インターフェロン(type III interferon)

Ⅰ型インターフェロンおよびⅡ型インターフェロンと異なる構造を持つインターフェロンIFN-λとも。

近年、抗ウイルス作用を示す新たなサイトカインが発見され、Ⅲ型IFNと命名された。Ⅲ型IFNⅠ型IFNⅡ型IFNとは全く異なる構造を持ち、独自の受容体を介してシグナルを伝達することなどが判明している。*1

精細胞?によって恒常的に産生されて精液中に分泌されていることが示唆されている。ウイルス感染時には主に形質細胞様樹状細胞から産生される。

*1宮島倫生 III型インターフェロン(IFN-λ,IL-28)誘導機構の解析: http://gakui.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/cgi-bin/gazo.cgi?no=125927

Ⅲ型インターフェロンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2018-08-02 (木) 16:55:48