Ⅳ型コラーゲン(type Ⅳ collagen)

コラーゲンのひとつ。基底膜中に存在して、その骨格を形成する。*1

α1〜α6と呼ばれる6本のペプチド鎖で構成される。これらは3本ずつ集まって三重螺旋分子プロトマー)を構成する。この組み合わせはα1-α1-α2、α3-α4-α5、α5-α5-α6の3種類のみ。*2

腎臓糸球体基底膜にあるⅣ型コラーゲンに異常が起きると、アルポート症候群などによる糸球体腎炎腎不全などを発症する。*3

*1鹿児島大学理学部生命化学科生化学研究室 細胞外マトリックス成分の構造と機能: http://www.sci.kagoshima-u.ac.jp/~arima/collagen%20text.pdf
*2Goodpasture症候群 高田俊範 鈴木栄一: https://www.med.niigata-u.ac.jp/nephrol/achievement/research_achievement/catalog/2011/09_sousetsu/2011-024.pdf
*3腎不全治療の新しい可能性の発見-腎不全をきたす遺伝病、アルポート症候群はBMP阻害分子USAG-1欠損によって軽快し、腎不全に陥らない- — 京都大学: http://www.kyoto-u.ac.jp/static/ja/news_data/h/h1/news6/2009/100209_1.htm

Ⅳ型コラーゲンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2019-03-23 (土) 13:25:45