健康用語WEB事典

Ⅶ型コラーゲン(collagen type 7)

コラーゲンのひとつ。皮膚基底膜領域の接着分子である係留線維アンカリングフィブリル)の構成成分であり、表皮真皮間、特に基底膜真皮の接着に重要な役割を果たしている。*1

遺伝子およびそのタンパク質表皮角化細胞に存在し、TGF-β1による刺激で発現が増強される。*2

*1VII型コラーゲンとその関連疾患 玉井克人 村井孝弥 間山真美子 橋本功 弘前大学医学部皮膚科教室: https://square.umin.ac.jp/jsmbm/dvd/pdf/A087_279.pdf
*2表皮角化細胞におけるⅦ型コラーゲンの発現: https://www.jstage.jst.go.jp/article/dermatol/102/14/102_1735/_article/-char/ja/

ご意見・ご要望をお聞かせください。


Ⅶ型コラーゲンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2020-05-30 (土) 07:02:42