がん幹細胞(cancer stem cells : CSCs)

幹細胞がん化したもの。普通のがん細胞に比べて数は少なく増殖も緩やかであるが、抗がん剤分子標的薬放射線治療では死滅しないとされる。*1

腫瘍組織を構成するがん細胞はすべて均一ではなく、少数のがん幹細胞が存在し、自己複製と限られた分化を繰り返しながら、腫瘍細胞を供給し、腫瘍を構成しているという「がん幹細胞」の概念が広く認知されつつある。*2

*1新星出版社 図解 あきらめない 放置しない! がん医療 済陽高穂(2015/2/25)
*2「血液のがん -造血器腫瘍- について」 2012年9月10日 第4回 「血液学を学ぼう」 芦田隆司 近畿大学医学部附属病院 輸血・細胞治療センター 近畿大学医学部 血液・膠原病内科: https://www.med.kindai.ac.jp/transfusion/ketuekigaku-4.pdf

がん幹細胞に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2019-05-14 (火) 12:39:26