健康用語WEB事典

がん性皮膚潰瘍(malodorous fungating tumours)

がんが終末期に皮膚浸潤または転移し、皮膚を破ってできる腫瘤壊死して潰瘍となったもの。乳がん頭頚部がん食道がんなどで見られ、特に乳がんでは約5~10%と多く見られる。*1

痛みや出血、滲出液などの症状を伴い、症状が進むと嫌気性菌による感染によって強い悪臭が発生する。悪臭の原因物質としてプトレシンカダベリンなどのポリアミンが知られている。

治療薬はメトロニダゾール

*1がん性皮膚潰瘍臭改善薬:メトロニダゾールゲル 昭和薬科大学 医療薬学教育研究センター 渡部一宏: https://shoyaku.repo.nii.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=43&item_no=1&page_id=13&block_id=21

ご意見・ご要望をお聞かせください。


がん性皮膚潰瘍に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]




このページの最終更新日時: 2019-12-20 (金) 14:49:39