ふるえ熱産生(shivering thermogenesis)

の命令によって骨格筋を震えさせて熱を生み出すこと。恒温動物が対応低下を防ぐために行う。

この命令の信号は、視索前野から視床下部背内側核および淡蒼縫線核?を経て、脊髄運動神経へと伝えられる。場合によっては随意的な運動より優先的に行われる。*1

*1寒さによって「ふるえ」を起こす脳の仕組みを解明 — 京都大学: http://www.kyoto-u.ac.jp/static/ja/news_data/h/h1/news6/2011/110531_1.htm

ふるえ熱産生に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2017-12-11 (月) 10:56:29