健康用語WEB事典

アカシジア(akathisia)

錐体外路症状のひとつ。じっとしていられない静座不能症状。いつも動きたくなり、動くと安心する。*1*2

ほとんどがドーパミン受容体遮断薬によって引き起こされるが、抗精神病薬以外の一般的な制吐薬胃腸薬などでも起こり得る。6週間以内に症状が発現するものを急性アカシジアと言い頻度が高いとされる。

アカシジアの治療としては原因となる薬剤の減量や中止に加え、ビペリデンジアゼパムクロナゼパムβ遮断薬の使用が推奨されている。

*1厚生労働省 医薬品による不随意運動: https://www.mhlw.go.jp/index.html
*2川崎医学会誌 うつ病の治療中にアカシジアとジスキネジアを呈した一例: http://jairo.nii.ac.jp/0381/00001862

ご意見・ご要望をお聞かせください。


アカシジアに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2018-11-21 (水) 09:11:33