健康用語WEB事典

アクチン線維(actin filament)

球状のアクチンがより合わさった直径5〜9nmの細胞骨格アクチンフィラメントとも呼ばれる。*1

細胞の表面に複数存在し、細胞表面の変形や原形質流動細胞の変形移動運動(アメーバ運動?)の制御などを行う。*2

細胞質分裂における収縮環として働くのもアクチン線維である。*3

*1アクチン(actin): http://www.callus.lif.kyoto-u.ac.jp/note/actin.html
*2生物学入門: http://www.tmd.ac.jp/artsci/biol/pdf3/Chapt7.pdf
*3「細胞質分裂のメカニズム解明!」 -アクチン重合分子mDia2による赤芽球細胞質分裂の調節- 京都大学: http://www.kyoto-u.ac.jp/static/ja/news_data/h/h1/news6/2013_1/131115_1.htm

ご意見・ご要望をお聞かせください。


アクチン線維に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2018-08-17 (金) 17:44:34