アグマチン(agmatine)

アルギニン脱炭酸化した有機化合物大腸菌アルギニン代謝によって生成する。

アグマチンの化学構造

一部の腸内細菌グループの耐酸性機構によりアルギニンが利用され副産物としてアグマチンを放出し、別の腸内細菌グループがアグマチンを利用してATPを産生し、副産物としてプトレシンを放出する代謝経路が確認されている。*1

大腸菌アルギニン/アグマチン対向輸送体?AdiC?)を介してアルギニンを吸収し、そのアルギニン菌体内のアルギニン脱炭酸酵素AdiA)によってアグマチンとなり、AdiC?を介して放出される。*2

*1日本ポリアミン学会 ポリアミンとアンチエイジング 早田邦康 自治医科大学大学院 教授 自治医科大学附属さいたま医療センター循環器病臨床医学研究所 所長: http://plaza.umin.ac.jp/~pa/PolyamineVol4No2%2020171205.pdf
*2石川県立大学 個々の腸内細菌の生き残り戦略が組み合わさることで 機能性物質ポリアミンが産生されていることを発見 ポリアミンで予防・軽減が期待される疾患(心血管疾患など)への応用が期待される: http://www.ishikawa-pu.ac.jp/news/files/2018/06/shiryou_20180628.pdf

アグマチンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


添付ファイル: fileagmatine.png 閲覧数 79回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2019-01-20 (日) 18:48:06