アグーチ関連ペプチド(agrouti-related peptide : AgRP)

摂食行動を促進するペプチド弓状核に存在する神経細胞から分泌される。

神経ペプチドYγ-アミノ酪酸GABA)よりも長期(数日~1週間)にわたる摂食亢進効果を持つ。*1

α-MSH受容体のひとつである4型メラノコルチン受容体MC4R)に結合し、α-MSHの摂食抑制作用を拮抗阻害して摂食を亢進させる。*2

*1東京大学大学院農学生命科学研究科 研究成果 脳内で長期間にわたって摂食量を高める仕組みの解明: http://www.a.u-tokyo.ac.jp/topics/2016/20160113-1.html
*2食欲調節の中枢神経機構 新見道夫 香川県立保健医療大学保健医療学部臨床検査学科: https://ci.nii.ac.jp/els/contentscinii_20180515145305.pdf?id=ART0010024891

アグーチ関連ペプチドに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]


コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2018-09-01 (土) 13:52:51