健康用語WEB事典

アシルキャリアータンパク質(acyl carrier protein : ACP)

脂肪酸の合成に関わる酵素脂肪酸シンターゼ)のひとつ。*1

脂肪酸合成酵素による合成途上の脂肪酸中間体は、常にACPセリン残基に結合したホスホパンテテインSH基チオエステル結合しており、遊離の状態で存在することは無い。*2

ホスホパンテテイン補欠分子族とする。*3

*1脂肪酸の生合成: http://www.sc.fukuoka-u.ac.jp/~bc1/Biochem/fa-syn.htm
*2兵庫医療大学薬学部教授 大河原知水 飢餓と飽食 余剰エネルギーを蓄え利用する仕組み: http://www2.huhs.ac.jp/~h990002t/resources/downloard/15/15biochem3/05lipidmetabolism15.pdf
*3植物におけるパントテン酸の生合成 吉村和也 中部大学応用生物学部 中部大学生物機能開発研究所: http://stu.isc.chubu.ac.jp/bio/public/ann_rep_res_inst_biol_funct/annual-report_v9_2009/pdf/008.pdf

ご意見・ご要望をお聞かせください。


アシルキャリアータンパク質に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2020-10-04 (日) 06:50:26