健康用語WEB事典

アシルグレリン(acyl ghrelin)

グレリンの3番目のセリンアシル化(n-オクタノイル化)されたもの。活性型グレリンとも。ヒスタミン分泌や合成の促進によって胃酸分泌を増加させる。ガストリンとアシルグレリンは相乗的に作用することが知られている。*1

アシルグレリンのアシル化部位はGHSR1a?との結合による成長ホルモン分泌に必要。

*1埼玉医科大学臨床医学研究系内科学 櫻田智也 ラットの胃酸分泌に及ぼすアシルグレリンとデスアシルグレリンの作用の比較: http://www.saitama-med.ac.jp/jsms/vol37/01/jsms37_t001_t011.pdf

ご意見・ご要望をお聞かせください。


アシルグレリンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2019-12-21 (土) 09:58:43