健康用語WEB事典

アシルCoA(acyl CoA)

脂肪酸補酵素ACoA)と結合した有機化合物アシルコエンザイムAとも呼ばれる。

アシルCoAの化学構造

脂肪酸(図におけるR)は、そのままの形ではミトコンドリアに入る事ができないため、細胞質でアシルCoAとなり、その後カルニチンと結合してアシルカルニチンとなってミトコンドリア膜を通過する。そして、ミトコンドリア基質で再びアシルCoAとなり、β酸化を受ける。*1*2*3

アシルCoAにおける脂肪酸CoA間の結合は高エネルギーのチオエステル結合であり,そのエネルギーを利用することで他分子とのエステル結合形成を駆動することができる.*4

アシルCoAはリン脂質グリセロリン脂質スフィンゴ脂質)や中性脂肪コレステロールエステルワックス極長鎖脂肪酸タンパク質修飾など様々な部分で利用される。

*1秀和システム 生化学若い研究者の会 これだけ!生化学
*2脂肪酸の分解(ベータ酸化)の説明: http://www.bioinfo.sfc.keio.ac.jp/class/biochem/PDF/biochem5-1.pdf
*3西東社 カラー図解 栄養学の基本がわかる事典 川島由起子(2013/4/4): https://amzn.to/2tzGwYt
*4脂肪酸の多彩な代謝,生理機能と関連疾患 木原章雄: http://www.jbsoc.or.jp/seika/wp-content/uploads/2013/05/82-07-03.pdf

ご意見・ご要望をお聞かせください。


アシルCoAに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



添付ファイル: fileacyl-CoA.png 閲覧数 72回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2019-01-30 (水) 20:12:17