アシルCoAデヒドロゲナーゼ(acyl-CoA dehydrogenase)

ミトコンドリアにおけるβ酸化の最初の反応を触媒するデヒドロゲナーゼFAD補酵素とするフラビン酵素*1*2

アシルCoAデヒドロゲナーゼによって、アシルCoAα位β位炭素に結合している水素が1個ずつ離脱(酸化)し、アシルCoA二重結合を得てエノイルCoAトランス-Δ2-エノイルCoA)になると同時にこれらの水素FADに渡されてFADH2ができる。*3

*1KAKEN — 研究課題をさがす | 脂肪酸β酸化酵素における基質認識メカニズム (KAKENHI-PROJECT-10780370): https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-10780370/
*2KAKEN — 研究課題をさがす | ミトコンドリアおよびペルオキシソームのβ酸化酵素の役割分担の分子論 (KAKENHI-PROJECT-07458160): https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-07458160/
*3SFC Bio – Systems Biology Project, KEIO SFC 基礎生化学 脂肪酸の分解(ベータ酸化)の説明: http://www.bioinfo.sfc.keio.ac.jp/class/biochem/PDF/biochem5-1.pdf

アシルCoAデヒドロゲナーゼに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2019-05-05 (日) 08:31:25