健康用語WEB事典

アスペルギルス・オリゼー(Aspergillus oryzae)

アスペルギルス属の細菌のひとつ。国内にしか生息しない。黄麹菌ニホンコウジカビとも。

2~5mmの菌糸を生やし、その先に緑色の胞子が着生する。古くから清酒醤油味噌造りなどに用いられている。*1

アスペルギルス・フラバスゲノムと99.5%類似したゲノムを持つ。*2

*1環境要因が与える微生物の成長への影響に関する研究 Effects of Environmental Factors on Microorganism Growth 斎藤朱 近藤柳 武田直也 鈴木長寿: http://www.hst.titech.ac.jp/~archives/Project_study_files/Project_Study/AC/PS_AC2018.pdf
*2麹菌A. oryzaeの進化と家畜化の関係 大規模比較ゲノム解析で新たな仮説を提唱 | 東工大ニュース | 東京工業大学: https://www.titech.ac.jp/news/2019/045760.html

ご意見・ご要望をお聞かせください。


アスペルギルス・オリゼーに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2020-06-26 (金) 09:49:13