健康用語WEB事典

アスペルギルス症

深在性真菌症のひとつ。アスペルギルス属の真菌によって主にに起こる感染症外耳道副鼻腔感染が起こる場合もある。

アスペルギルスはどこにでもいる真菌で、たい肥の山、通気口、空気中のほこりの中などによくみられます。主にその胞子を吸いこむことでアスペルギルス症が起こります。*1

副鼻腔内に、菌糸、血液白血球が絡まった球状の塊ができ、血液が混じったり、発熱、胸痛、呼吸困難が生じる。全く症状が出ない場合もある。

胸部X線検査で発見される場合もある。

ご意見・ご要望をお聞かせください。


アスペルギルス症に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]




このページの最終更新日時: 2017-12-04 (月) 18:05:13