健康用語WEB事典

アズレン(azulene)

ナフタレン構造異性体の関係にある芳香族化合物。常温で濃青色の結晶。分子式は C10H8 *1

アズレンの化学構造

以下のような誘導体があり、これらは炎症がん潰瘍に対する作用などを持つため医薬品化粧品に用いられる。*2

アズレンの誘導体であるアズレンスルホン酸ナトリウム咽頭炎扁桃炎口内炎に対するうがい薬の有効成分となる。商品名はハイアズレンなど。*3*4

*1池茂(有機化学)非ベンゼン系芳香族化合物の合成と物性: http://www.sci.kumamoto-u.ac.jp/staff/chem/Kikuchi.pdf
*2トロボノイドおよび関連化合物の化学 阿部憲孝: http://repository.oai.yamaguchi-u.ac.jp/yunoca/contents/2008010012.pdf
*3医療用医薬品 : アズレン: http://www.kegg.jp/medicus-bin/japic_med?japic_code=00062435
*4旭川医科大学病院 ハイアズレン: http://www.asahikawa-med.ac.jp/hospital/pharmacy/db/medis/2/2260700B2026.html

ご意見・ご要望をお聞かせください。


アズレンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]




添付ファイル: fileazulen.png 閲覧数 355回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2018-01-19 (金) 19:32:27