アセチルリン酸(acetylphosphate)

ビフィドシャントにおいてホスホケトラーゼの働きによって生成され、酢酸前駆体となる有機化合物分子式は C2H5O5P *1*2*3

アセチルリン酸の化学構造

ペントースリン酸経路においては、キシロース-5-リン酸から生成され、アセチルCoAアセトアルデヒドを経てエタノールとなる。

*1acetylphosphate | C2H5O5P - PubChem: https://pubchem.ncbi.nlm.nih.gov/compound/acetylphosphate#section=Top
*2信州大学名誉教授 細野明義 乳酸菌とビフィズス菌の糖代謝と発酵: http://www.nyusankin.or.jp/scientific/pdf/Nyusankin_493_a.pdf
*3ビフィズス菌の効率的な代謝に関わる酵素の構造を解明した | 東京大学大学院農学生命科学研究科: http://www.a.u-tokyo.ac.jp/topics/2010/20101029-1.html

アセチルリン酸に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]


添付ファイル: fileacetylphosphate.png 閲覧数 66回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2018-07-04 (水) 13:41:29