健康用語WEB事典

アセチル化(acetylation)

アセチル基化合物に導入する化学修飾

タンパク質のアセチル化は、タンパク質同士あるいはタンパク質DNAの相互作用を強めたり弱めたりする働きを有する。染色体の構造制御や転写活性制御において重要な働きをしている。*1

*1東京大学分子細胞生物学研究所附属エピゲノム疾患研究センター 白髭克彦 DNAをコヒーシンタンパク質が束ねる仕組みを解明 : http://www.iam.u-tokyo.ac.jp/wordpress/wp-content/uploads/2016/10/pressrelease_270605.pdf

ご意見・ご要望をお聞かせください。


アセチル化に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2017-12-04 (月) 18:05:14