健康用語WEB事典

アセチルCoAカルボキシラーゼ1(acetyl-CoA carboxylase 1 : ACC1)

肝臓脂肪組織発現するアセチルCoAカルボキシラーゼ

肝臓血液中のトリアシルグリセロール代謝を制御する。*1

Th17細胞分化に関わる。肥満によってACC1発現が増加し、Th17細胞の数も増加する。

ACC1脂肪酸合成経路を活性化し、Th17細胞マスター転写因子?であるRORγt?の機能をコントロールすることで、Th17細胞分化を誘導するという新たな分子メカニズムが解明されました。*2

*1Acetyl-CoA Carboxylase (ACC) の生体内における機能解明に関する研究 杉本圭則: http://sucra.saitama-u.ac.jp/modules/xoonips/download.php/GD0000073.pdf?file_id=6296
*2共同発表:肥満によって炎症性疾患のリスクが高まる原因分子を発見: http://www.jst.go.jp/pr/announce/20150731/

ご意見・ご要望をお聞かせください。


アセチルCoAカルボキシラーゼ1に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2017-12-04 (月) 18:05:14