健康用語WEB事典

アセチルCoAシンテターゼ2(acetyl-CoA synthetase 2 : AceCS2)

アセチルCoAシンテターゼのひとつ。ミトコンドリア型。絶食によって発現が亢進する。*1

骨格筋心筋腎臓を中心に発現するが、肝臓には全く発現しない。*2*3

絶食時に発現が増加するが、これにはKLF15が関わる。

*1代表論文解説 | 東京大学 代謝医学分野 酒井研究室: http://www.mm.rcast.u-tokyo.ac.jp/publications/sp-kai.html
*2東北大学機関リポジトリTOUR 骨格筋におけるアセチルCoA合成酵素2型の転写調節機構: https://tohoku.repo.nii.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=86182&item_no=1&page_id=33&block_id=38
*3日本栄養・食糧学会誌 酢酸の生理機能性 山下広美: https://www.jstage.jst.go.jp/article/jsnfs/67/4/67_171/_article/-char/ja/

ご意見・ご要望をお聞かせください。


アセチルCoAシンテターゼ2に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2018-03-24 (土) 22:01:07