健康用語WEB事典

アセチルCoAヒドロラーゼ(acetyl CoA hydrolase)

アセチルCoA加水分解してコエンザイムA酢酸を生成する反応と、脂肪酸β酸化の4段階目の3-ケトアシルCoA基質としてアセチルCoAを生成する反応を触媒する酵素アセチルCoA加水分解酵素3-ケトアシルCoAチオラーゼとも呼ばれる。*1

この2種類の酵素活性は、各基質アセチルCoA3-ケトアシルCoA)の濃度によって調節される。したがって、空腹時など脂肪酸の分解が盛んな時は酢酸の生成が促進される。

*1日本栄養・食糧学会誌 酢酸の生理機能性 山下広美: https://www.jstage.jst.go.jp/article/jsnfs/67/4/67_171/_article/-char/ja/

ご意見・ご要望をお聞かせください。


アセチルCoAヒドロラーゼに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2018-03-24 (土) 21:40:28