健康用語WEB事典

アセトアセチルCoA合成酵素(acetoacetyl CoA synthase : AACS)

ケトン体を利用し、コレステロール脂質生合成に関与する合成酵素海馬錐体細胞層や小脳白質細胞層に高発現する。*1*2

アルツハイマー病患者のにおいて活性化しているレグマインによって切断され、その活性が調節される。神経伝達物質代謝神経細胞形態形成において重要。

テトラブロモビスフェノールAが、主に未分化脂肪細胞に対してアセトアセチルCoA合成酵素や脂質代謝酵素遺伝子発現を誘導することが確認されている。*3

タグ: 酵素

*1KAKEN — 研究課題をさがす | 新しい展開に基づく脳神経治療薬の開発に関する研究 (KAKENHI-PROJECT-15590072): https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-15590072/
*2KAKEN — 研究課題をさがす | 認知機能障害の発症機序におけるケトン体代謝異常の関与 (KAKENHI-PROJECT-15K18911): https://kaken.nii.ac.jp/grant/KAKENHI-PROJECT-15K18911/
*3KAKEN — 研究課題をさがす | 生活環境に起因する肥満の増悪におけるケトン体利用経路の寄与に関する研究 (KAKENHI-PROJECT-15K08048): https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-15K08048/

ご意見・ご要望をお聞かせください。


アセトアセチルCoA合成酵素に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2020-10-15 (木) 20:31:47