アディポネクチン(adiponectin)

脂肪細胞から特異的に分泌されるアディポカイン*1

血中濃度は 5〜30 mg/ml と高濃度に存在する。脂肪細胞から分泌されるにもかかわらず、肥満になると分泌量が低下し、減量によって増加する。*2*3

インスリン受容体の感受性を上げ、インスリン抵抗性を弱める効果がある。また、抗動脈硬化作用を持つ。

肥大化した脂肪細胞からのアディポネクチンの分泌の減少には活性酸素種過酸化水素)が関係していると推察されている。*4

*1アディポネクチンが筋肉内で運動と同様の効果をもたらす可能性を発見 アディポネクチンの 1 型受容体の活性化薬が、メタボリックシンドロームや糖尿病の治療薬となることが期待: http://www.h.u-tokyo.ac.jp/vcms_lf/r20100401120254.pdf
*2脂肪組織由来ホルモンによるエネルギー代謝調節 岸田堅 船橋徹: https://www.jstage.jst.go.jp/article/tonyobyo/51/5/51_5_373/_pdf/-char/ja
*3大阪大学大学院医学系研究科 第三研究室: http://www.med.osaka-u.ac.jp/pub/endmet/www/home/labo3.html
*4脂肪細胞とインスリン抵抗性(星薬科大学オープン・リサーチより): http://polaris.hoshi.ac.jp/openresearch/kamata%20(adipocyte)--2.html#AD-INS8

アディポネクチンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2018-09-05 (水) 16:41:04