健康用語WEB事典

アデノウイルスE1B-19kDa(adenovirus E1B 19kDa)

アデノウイルスE1の領域の一部から発現するタンパク質BCL2ホモログ

これを欠損させた細胞ウイルス療法で用いられるウイルス感染時に細胞死が起こりやすく、抗腫瘍活性が高くなることが報告されている。*1

*1札幌医科大学 分子医学研究部門 濱田洋文 制限増殖アデノウイルスによる遺伝子治療: https://www.sapmed.ac.jp/~hhamada/page5-1-040831.htm

ご意見・ご要望をお聞かせください。


アデノウイルスE1B-19kDaに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2019-11-29 (金) 08:44:08