アデノシンA3受容体(adenosine A3 receptor)

アデノシン受容体のひとつ。障害された血管内皮から分泌されるアデノシンが持つ、組織因子の活性発現を抑制して血管内皮を保護する作用はアデノシンA3受容体を介していることが報告されている。*1

また、アデノシンがアデノシンA3受容体を介してP2Y12と協調して働き、ミクログリアの突起伸長と遊走を促進することが確認されている。*2

*1KAKEN — 研究課題をさがす | アデノシンは血管内皮細胞の保護因子として機能するか? (KAKENHI-PROJECT-09877206): https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-09877206/
*2KAKEN — 研究課題をさがす | ミクログリアの突起伸長から遊走への運動能調節機構の解明 (KAKENHI-PROJECT-21500363): https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-21500363/

アデノシンA3受容体に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]


コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2019-05-20 (月) 10:40:41