アドレナリン受容体(adrenergic receptor)

神経伝達物質アドレナリンリガンドとするGタンパク質共役型受容体*1

アドレナリン作動性神経自律神経)に存在する。

内臓平滑筋の弛緩はβ2受容体を介して、収縮はα1受容体を介して行われる。*2

*1東北大学機関リポジトリTOUR カテコールアミン受容体: https://tohoku.repo.nii.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=21213&item_no=1&page_id=33&block_id=38
*2長崎大学原爆後障害医療研究所 細胞機能解析部門 分子医学研究分野 各論 心血管内分泌: http://www-sdc.med.nagasaki-u.ac.jp/genetech/genkenbunshi/pdf/H24.1.4.pdf

アドレナリン受容体に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2018-10-01 (月) 08:24:27