健康用語WEB事典

アナフィラトキシン(anaphylatoxin)

C3aC4a?C5aの三種類の補体のこと。

好塩基球肥満細胞に作用してヒスタミンを放出させ、ヒスタミンの作用による血管透過性亢進や平滑筋の収縮を起こす。生理活性はC5aC3aC4a?の順に強い。*1

*1第一薬科大学 分子生命化学教室 免疫学講義 荒牧弘範: http://square.umin.ac.jp/haramaki/yakudai/meneki/102407.pdf

ご意見・ご要望をお聞かせください。


アナフィラトキシンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]




このページの最終更新日時: 2018-09-10 (月) 09:22:55