健康用語WEB事典

アニサキス症

生きたアニサキスを摂取することで起こる症状。

寄生虫壁に穴を開けることで免疫反応が起き、激しい腹痛や嘔吐を伴う急性胃腸炎?を引き起こす。

魚介類の生食後数時間で激しい上腹部痛、の攣縮、悪心嘔吐をもって発症するのが特徴です。この原因は、虫体が壁に刺入した痛みではなく、実は即時型アレルギー反応によるものです。初感染時は、幼虫が壁に刺入しても、症状は出ないのですが、体内では幼虫が抗原となりアニサキス抗体が産生されます。この状態で二度目の感染が起こると、アニサキス抗体と反応して即時型アレルギー症状が出現します。*1

*1胃壁に寄生虫が噛みついていませんか?魚介類の生食に注意しましょう|東邦大学医療センター大森病院 臨床検査部: http://www.lab.toho-u.ac.jp/med/omori/kensa/column/column20170214-2.html

ご意見・ご要望をお聞かせください。


アニサキス症に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]




このページの最終更新日時: 2017-12-04 (月) 18:05:18