健康用語WEB事典

アニソマイシン(anisomycin)

タンパク質合成阻害剤。記憶の想起時にアニソマイシンを投与すると記憶の再固定化が阻害され逆行性健忘を引き起こす。*1

アニソマイシンの化学構造

IGF-2による記憶の増強がアニソマイシンによって阻害されることから、あるタンパク質の合成が記憶に必要であると考えられている。*2

*1共同発表:記憶のアイデンティティを保つ仕組みを解明~知識や概念を形成する精神活動の理解に一歩前進~: https://www.jst.go.jp/pr/announce/20180615/index.html
*2IGF-II : 記憶力がよくなる分子!? - 世界の幹細胞(関連)論文紹介 - 慶應義塾大学 グローバルCOEプログラム 幹細胞医学のための教育研究拠点: http://www.med.keio.ac.jp/gcoe-stemcell/treatise/2011/20110916_01.html

ご意見・ご要望をお聞かせください。


アニソマイシンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



添付ファイル: fileanisomycin.png 閲覧数 210回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2019-11-16 (土) 15:33:08